MENU

自費診療

低用量ピル・緊急避妊薬・生理調整薬の自費診療に関して


ウィメンズヘルスケアの一つとして、婦人科外来では自費診療を行っています。

  • 普段の避妊や月経症状緩和に用いる「低用量ピル」
  • 避妊に失敗し、望まない妊娠を防ぐために緊急時に用いる「緊急避妊薬」
  • イベントなどから生理のタイミングをずらす「生理調整薬(月経移動)」

低用量ピル(低用量経口避妊薬, OC=Oral Contraceptives)は、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類の女性ホルモンを合わせてできた錠剤で、女性主導で最も確実で安全性が高い方法の一つで、「望まない妊娠」からあなた自身を守ることができます。低用量ピルは、生理が始まっていれば10代からでも飲むことができます。

低用量ピル(低用量経口避妊薬, OC=Oral Contraceptives)は、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類の女性ホルモンを合わせてできた錠剤で、女性主導で最も確実で安全性が高い方法の一つで、「望まない妊娠」からあなた自身を守ることができます。低用量ピルは、生理が始まっていれば10代からでも飲むことができます。

避妊の効果は99%以上あり、コンドームや緊急避妊薬よりも避妊効果が高く、生理痛や、月経前症候群(PMS)などにも効果があります。
ピルと同じくらい確実な避妊法としては、IUD(子宮内避妊用具)やIUS(子宮内システム:ミレーナ)、不妊手術がありますが、これらの方法は出産経験の無い人には適しません。

ピルのメリット
  • 低用量ピルは、飲み忘れがなければ99%以上の避妊効果がある。
  • 副効果として、生理痛の改善・生理量の減少・生理不順の改善・ニキビの改善・卵巣癌や子宮体癌リスクの低下などが知られている。
ピルのデメリット
  • 吐き気、不正出血、むくみ、乳房の張り、頭痛、下腹部痛、眠気や気分の落ち込みを感じる事がある。(これらの症状は2~3週間程度で改善する。)
  • ピルを継続的に服用することで費用がかさむ。
  • ピルを毎日飲むのが手間になる。
  • ピルは血栓症を起こす事がある。

当院で処方可能な低用量ピル


第2世代3相性のピルで、自然に近い形で月経周期がくる薬で、生理周期で女性ホルモンによって肥厚する子宮内膜も安定しやすいため不正出血を起こしにくく、避妊目的で内服する場合は内服しやすいピルです。
男性ホルモンであるアンドロゲンが強く出るため皮脂の分泌量が増え、ニキビができやすくなる傾向があります。

当院では7日間分の偽薬を含んだ28錠タイプを処方しています。


第3世代1相性のピルで、第2世代3相性ピルに比べ不正出血が多いと言われています。不正出血はピル服用開始後2〜3か月の間に起こりやすく、それ以降はほとんど見られなくなるのが特徴です。
女性ホルモンの全体量を避妊効果が下がらない量にまで減少させるなどの工夫で、男性ホルモンであるアンドロゲンの優位性を抑えることが可能になったため第2世代3相性ピルに比べニキビができにくく、ニキビが気になる方にオススメです。

当院では7日間分の偽薬を含んだ28錠タイプを処方しています

飲み忘れた場合

1錠飲み忘れた場合

飲み忘れに気づいたときに1錠すぐ飲み、その日も通常通りに飲んでください。(その日は1日2錠飲むことになります)

2錠以上飲み忘れた場合

本来の日付に追いつくまで、1日2錠服用します。追いついたら一日一錠に戻します。(飲み忘れた場合、服用を中断するのは誤りです。)
28錠タイプの場合、偽薬(22番目から28番目)には薬剤が含まれていません。従って、飲んでも飲まなくても身体に影響はありません。もし飲み忘れてしまっても、「飲んだもの」として扱って大丈夫です。 ちなみに1、2日飲み忘れたからといって、すぐに妊娠することはありません。

※ 初診の場合は初診料 2,920円がかかります。再診料はいただいておりません。
※ 当院での取り扱いは、偽薬を含む28錠タイプのみです。
※ 服用で妊娠を100%阻止できるわけではありません。より高い避妊効果を得るためには、コンドームの併用が望ましいです。また、コンドームの使用は性感染症の予防にもなります。
※ 服用を止めると、速やかに自然な生理周期が回復します。また、服用していたことで不妊になることはありません。

~女性アスリートとピルの話~

月経移動とは、旅行・受験・結婚式・スポーツなど、特別な用事と月経が重なって困るような場合、ピルを内服することで月経を移動させ、月経と重ならないようにすることを言います。避妊目的で低用量ピルの内服を行っている方でも、月経の移動は可能です。
当院では基本的に中用量ピルで月経移動を行うようになりました。
【副作用】倦怠感・眠気・頭痛・吐き気・嘔吐などが出現することがあります。

月経移動の方法

1. 生理を早める
生理5日目までにピルの内服を始めて、希望する生理開始日の2~3日前まで内服を行います。内服終了後、2~3日で生理がきます。生理が不規則な方やイベントの期間中に内服したくない方にはおすすめの方法です。
ただし、生理が来てから早めにピルの内服を始める必要があり、ずらしたい生理日の一つ前の生理が来たら、5日以内に受診しなければなりません。
2. 生理を遅らせる
生理予定日の5~7日前よりピルの内服を開始します。イベント終了まで内服を続け、内服中止後2~3日で生理がきます。
10日以上ずらすことは難しいですが、より確実にずらすことができるため、生理が規則的で予定日の予測がしやすい方にはおすすめの方法です。

内服方法

1日1回、1錠24時間ごとに服用する。

  • その日のうちに飲み忘れに気づいたら気づいたときに飲む。翌日以降は予定通り飲む。
  • 次の日に前日の飲み忘れに気づいたときは前日と当日分、合わせて2錠飲む。翌日以降は予定通り飲む。※2日以上忘れると効果が出ません。